最新の結婚 扶養について

結婚して扶養に入ると

banner 結婚を機に仕事を辞めたり、フルタイムをパートにしたりするなど、働き方が変わる女性は多いのではないでしょうか。
そのような場合、ご主人の扶養に入るには、収入が103万円以下であることが必要です。
では、扶養に入ると、まずは、ご主人の所得税について、所得控除が受けられる、つまり税金が少なくなります。
また、国民年金の3号被保険者になることができるようになり、国民年金を支払わなくてよくなります。
そして、国民健康保険も支払わなくてもよくなります。
ただし、国民年金の3号被保険者の申請手続きは扶養に入る手続きとは別に、お住まいの市町村役場での手続きが必要です。
これを忘れると、年金と国保の支払いが未納扱いとなってしましますので、必ず忘れないようにしましょう。

京都に絢爛な結婚式場

招待状 結婚式

ウェディングドレス 京都

カラードレス 京都

遺品整理は北九州の行政書士に

結婚 扶養の関連情報はこちら

結婚して収入の少ない人は配偶者、主に夫の扶養に入ります。
扶養というのは2種類あって所得税法上

結婚における扶養について

結婚をして、夫婦2人で生活を営んでいく場合に、いろいろと生活環境の違いやリズムの違いなど驚かされるこ

結婚とその配偶者の扶養について

独身時代にバリバリ働いていた女性も、結婚を機に退職するひとは少なくありません。
しかしながら専

結婚後に働く女性について